『記憶の中に』   作詞 ゆみ・作曲 心

公園のベンチに並んで腰をかけて 初めて触れたその手ずっと握っていた
あなたの目にともる ぬくもり閉じ込めて
あの木の下で交わした 口づけに誓いを

流れる星たち 飛び交う鳥たち
いつも見ていた空の色は季節を刻んでる

海に沈む夕日は地平線の向こう
もう1度だけもう1度だけ 夢の話をしよう

会えない日々は同じ空の下で霞む月を見ているの?何を想ってるの?

渡さなかったあの手紙に
涙の数だけ言葉集めて 心の中に鍵をかけた

溢れる涙のせいにして
言えなかったこと伝えたかったこと
君の街までこの歌声が
いつか…
時が過ぎたらあの日の涙色の別れも笑って言えるもう1度だけ
夢の話をしよう
記憶に眠る夢